大阪滞在 その①

ロッキーからの発信ですが、大阪滞在中の様子を。

12/05 大阪滞在3日目。

桝田さんと12年振りの嬉しい再会です!
PC04797709.jpg

桝田さんは、田中の目指すネイチャーハイキングのパイオニア。
自然を五感で捉える魅力を教えてくれた、恩人・恩師なのです。

当時、某旅行社の社員としてハイキングツアーの添乗員だったのが桝田さん。日本からの歩くツアーなどまだまだ珍しく、ロッキーではハイキングガイドの資格など不要な時代でした。ハイキング未経験または経験の浅い観光ガイドの案内が普通だから、お花や自然の知識など皆無。そんな説明ができるガイドなど存在すらしない、なんともお粗末な状況でした。

桝田さんは、日本国内や海外のハイキング添乗を頻繁にこなしていたベテラン社員。お花を含めて自然に造詣が深く、特にお花の知識は驚くほど豊富。土の感触や植生を確かめるような優しい歩き方、息切れさせない歩行ペース、心憎いほど上手な休憩のタイミング、目的地だけがゴールではないっていう臨機応変な姿勢などなど。今では当たり前のことでも、当時はある意味非常識なやり方をすでに確立していた人です。彼の表情そのままの優しく温かいオーラで、陽だまりみたいな桝田ワールドは魅力満載でした。

すっかり桝田さんの虜になった田中はツアー中に図鑑を買い、すがる思いでお花を教えてもらいました。その本はボロボロになるまで使い、今では使用不可能な宝物なのです。

そんな恩師が当時のお客さんと毎週のように山歩きを楽しみ、来年7月にはロッキーでハイキング三昧をすることが決まったのだと知らせてくれました。日程や人数はすでに最終の調整段階に入り、正式なガイド依頼も受けました。

夢にまで見た恩返しが、思わぬ形で実現の運びとなったのです。


今日は参加メンバーの事前顔合わせを兼ねた、京都でのハイキングに誘ってもらいました。

12年振りに会う桝田さんは、当時と変わらず穏やかな笑顔。
自然を捉える感性もレベルアップ・・・・ 憧れの桝田ワールドは健在!


紅葉の美しい琵琶湖疎水を散策し、京都市内を一望できる如意ヶ岳のハイキング。


関西でのハイキングはいつも雨。今日も朝から強い雨でしたが、

お昼ごろから射し込む光が強くなり、
PC04798009.jpg


水蒸気と青空が入れ替わりました。
PC04798709.jpg


京都の街を眼下に快適なハイキング!
PC04799309.jpg

PC04799609.jpg


如意ヶ岳は、「大文字の送り火」としても有名です。
PC05799809.jpg


丸1日たっぷりと、懐かしい恩師との有難い時間でした。
ロッキーハイキングに参加の全員とはお会いできませんでしたが、皆さんの楽しみ方や歩行ペースなども理解できました。来年7月に備え、あれこれと準備が楽しみです。



0 comments

非公開コメント