10/09 バージェスパス

今日は快晴!!
エメラルドレイクからバージェスパスへ。

20kmのタフな周遊コースは、3kmで500mを登る勾配があったり、
景観の無い樹林を6kmもひたすら下るなど、ステキな?変化に富んだ内容。

でも、楽しい仲間と一緒なら賑やかに歩けるはず。
昨日と同じく、「水・木会」の亜紀子と麻紀、今日もお休みの啓子、
そして久し振りの中村美穂が一緒です。
IMG_6042.jpg


冷え込んだ大気が身も心も引き締める!
最低気温はマイナス9℃   ちと気が早いんじゃないのぉ? ロッキーさん。

霜が美しい!
PA09979608.jpg

PA09980508.jpg

湖面からは水蒸気が上がり、これまた神秘的!
PA09978608.jpg

だから笑顔になれる!
きゅ~ん!と冷えきった空気でも、笑顔で寒さと仲良し!
PA09980208.jpg


ホントかい? と試されんばかりに、スタートから100分ずーっと日陰(笑)
太陽は元気なのに、我々は見つけてもらえず・・・・

登って身体があったまったら、冬の帽子も上着も不要になった。
そして、太陽とご対面。 ポカポカ気持ちい~~~~!
PA09981008.jpg

もっと登ったら、ピュアブルーのエメラルドレイクが全容で登場!
PA09982408.jpg


さらに登ったら再び真っ白な世界! 昨日と同じく、けがれなき純白の雪!!
日本では「白銀」と表現するけれど、ロッキーの雪景色はホントにまっしろ。
冷えた空気と澄んだ空気を混ぜ合わせると、ロッキーの白が出来上がり~!
ホンモノを見せたいなぁ・・・・
PA09982708.jpg


がんばったご褒美のパノラマ展望!
PA099863408.jpg


この景色を楽しみながら、世界遺産『バージェス頁岩』のふもとを抜けます。
PA09985408.jpg


森林限界の上は、古生代カンブリア紀(5億年以上前)の地層。

1909年、軟体組織まで見事に保存された化石が大量に見つかったことで、
『バージェス動物群』なる新たな学説が誕生。 生物の進化の過程が急速に
明らかにされた貴重な場所です。

有名な「アノマロカリス」や「ピカイア」の故郷。
現在でもたくさんの化石が見つかりますが、通常は立ち入り禁止地域です。


もっと進んだバージェスパスの周辺からは、南の景観が広がります。
フィールドの町が遥か眼下に、見慣れたMt.ステファンやカセドラルも、
いつもとは別角度で新鮮!
PA09986108.jpg


パスを過ぎたら、ひたすら下り。 雪が凍って滑りやすく、2時間も費やすことに。
でも、シダーやヘムロックなどヨーホー特有の針葉樹林が優しくお出迎え。

結局、9時間ものロングハイキングでたっぷりの充実感。
今日も2日分の価値がありました。 

朝早くから同行してくれたみんな、ありがとう!


日本から「自分を見つめ直す旅?」の途中は麻紀。
来春から再びレイクルイーズで働くことが決まり、日本へ戻ることに。
今年の彼女とのハイキングはこれが最終日です。

麻紀へ
思いがけず5回も一緒に歩けて嬉しかった!
希望していたカナナスキスは来年のお楽しみだ。
09年のハイキング三昧を楽しみにしてるぜー! ありがとう、気を付けてな。


さて、来週もハイキングできるかな??


最高気温 5.9℃  最低気温 -9.4℃
日の出 07:58  日没 19:00


7 comments

非公開コメント