こんなところに顔!?

ネット検索をしていたら、「葉痕(ようこん)」という植物用語が目についた。
落葉樹や低木類に現れる、葉が落ちたあとの模様のことらしい。

葉と茎をつないでいた水や養分の通り道(維管束)のあとが、
目鼻や口に見え、全体が生き物の顔に見えてくるという。

おもしろそうなので屋外で確認作業。


お”~、まさしくこれは顔じゃないか!! が、小さすぎて探すのが困難・・・

識別できたのは Trembling Aspen(ヤナギ科 ポプラの仲間)のみだったけど、
新たな発見は非常に楽しい。これはもっと調べる価値ありですな。
PA250018.jpg

PA250026.jpg

PA250045.jpg

     PA250038.jpg

http://www.ilovewintergreen.com


4 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)