8/19 己を知りましょう

純子からのお誘いで、Mt.レディーマクドナルド(Mt.Lady MacDonald)へ。

行程の2/3はタフなハイキング。 残りの1/3はスクランブル。
「スクランブル」とは ルートが明瞭なハイキング以上、装備や知識が不可欠な「クライミング」以下、とでも言いましょうか?  踏み跡や地形などを頼りにルートを探し、よじ登ることもあり。足場が悪くて下りも厄介、自分には不慣れな遊びです。

が、気分転換を兼ね、年に数度は「タフなハイキング」や「ちょこっとスクランブル」にも挑戦。

ピーク到達にはヘルメットもロープも必要ということで、その手前の「ナイフリッジ」を覗きに行ってみました。

その名のとおり、切れ落ちた断崖絶壁! う~ん、これ以上は自分と相性悪し・・・  足場は悪いし、狭い。 恐ろしくて足もすくむ~! びびりまくって、写真も撮れず。
情けな~・・・

登り途中で見上げた「ナイフリッジ」
P101000706.jpg

下から見た「ナイフリッジ」裏面。 無難に下りる純子
P101000206.jpg

「ナイフリッジ」下部から登ってきた斜面を見下ろす
P101000406.jpg

ロッククライマー純子は、うす笑いを浮かべながら無難に進んでる。
7年前はあんなに可愛かったのに、すっかりたくましくなった・・・
純子さん、すてき!

それにしても、山はまともな装備や知識がないと危険です。
やっぱり自分は山屋になどなれないと実感。 現状の花屋・鳥屋で十分ッス。

ふたりともハイペースで歩いたので、下山後はビールで乾杯!
あ”~、美味い!! 無事でヨカッタよ、純子。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑↑応援クリックお願いします! 

http://www.ilovewintergreen.com








8 comments

非公開コメント