ひとりごと

ツアー企画が商品になるまでの道は険しい・・・

その会社の方向性に合うことよりも、まずは担当者に気に入ってもらえないと始まらない。担当者が変わった途端に採用になったりすると、なんなんだ~?? と叫んでしまう。結局はその人間が興味を持つか否かなのか?? 

運良く担当者が気に入っても、その上司がゴーサインを出してくれずにボツになることもある。

○月向けの内容で提出したのに、他国のツアーとの絡みがあるからと、別の月にムリヤリ変更されたこともある。

内容がOKでも、ホテルや飛行機の仕入れが上手く行かずにお蔵入りになったことは数知れず。

安く忙しくあちこち周るツアーはいまだに健在だが、それだけでは成り立たない。こだわる消費者がいる限り、こだわる会社も商品も、そしてそれをアピールしていく人間も必要なのだ。

とはいえ、今シーズンも4つの新企画が採用された。お花だけではなく、総合的なネイチャー企画にも耳を傾けてもらえるようになった。よく考えれば上出来ではないか。弱気にならずがんばろう!っと。



0 comments

非公開コメント