丸山夫妻と遊ぶ3日間③

【7/13 最終日】

丸(まる)&みっちゃんと遊ぶ最終日は、ふたりがいちばん楽しみにしていた、レイクオハラ。
08:30/18:30 のシャトルバス利用で、たっぷり9.5時間のハイキング。
通常のツアーよりも2時間も多く楽しむ、究極の贅沢プランで〆てもらいました。
P7135209013.jpg

P7135200013.jpg

P7135251013.jpg

気温の変化が激しく服装の対応も難しかったけど、ふたりの重ね着対応は完璧!
レイクオエサ→ ヤクネスレッジ→ オパビンレイク&プラトー、レイクマッカーサーと巡り、
価値あるレイクオハラ周辺を、余すことなく満喫してもらえましたよ。
P7135214013.jpg

P7135235013.jpg

P7135257013.jpg

P7135262013.jpg

P7135280013.jpg


朝の気温はご覧のとおり。 
P7135169013.jpg

シャトルバス乗り場は日陰で寒い。
ハイキング開始直後のレイクオハラ湖畔も、すでに2000mで朝は上着が不可欠。
みっちゃんは極端な着膨れ(笑) 決して、おデブさんではありません。
P7135170013.jpg

P7135172013.jpg

でも、40分も経たないうちに、脱皮してご覧の服装。 この温度差がカナディアンロッキー!
P7135179013.jpg


それにしても・・・・
毎度、毎度、本当に純粋で偽りのない笑顔と感性を見せてくれるふたりです。
見習わなきゃいけないこと、いっぱいだなぁ。 有難い出会いだ。
P7135197013.jpg

P7135218013_2013080410221895f.jpg

P7135285013_20130804102010828.jpg

P7135239013.jpg

P7135256013.jpg

旦那の丸(まる)は、ちょこっとした水の流れに感性を揺さぶられるのだとか。
そういう感覚があるから、大自然の繊細さも理解してもらえるんだろうなぁ。 またまた感心。
P7135267013.jpg


“稼ぎがいいわけではないですが、お金はまた働けばためられるけど、
こんな機会はまたとない!! それなら、多少の金銭的負担はあっても最高の旅にしたい!! 
後悔させないという田中さんの言葉を信じてますよー!”


初日分のブログ記事にも書いたけど、ホント、身に染みる言葉です。
現地のガイドとして、しっかり受け止めなければ。
P7135237013.jpg

P7135238013.jpg


ハイキング時間 09:00~18:20  ツアー時間 07:00~20:10





2 comments

非公開コメント