鳥見キャンプ④

6/10・11

快晴のキャンモアを07:50AMに出発! 今シーズン最後の鳥見キャンプへ。 
P6103810013.jpg

目指したのは500km南東。 アメリカの国境そばにある、「Writing-On-Stone 州立公園」
昨年秋に資料で見つけ、かなり気になってた場所。 ちょっと遠いけど、出掛けてみました。
P6103839013.jpg

どこまでも続くプレーリーの、でっかい空に惚れ惚れしながら、快適なドライブ。
P6103831013.jpg

P6103826013.jpg

長い道中も、車内でお気に入りの曲でノリノリの啓子さん。
P6103830013.jpg

こんなデッカイ、トレーラーキャンパーも絵になるよねぇ。 レンタカーでした。
P6103834013.jpg

あちこち寄り道しすぎた8時間後、キャンプ場目前で突然こんな景色が広がったぁ!
P6103840013.jpg

我が家には外国みたいに斬新な雰囲気。 アルバータ州っていろんな顔があるんだねぇ・・・・
鳥見やネイティブのことも含め、和田ちゃんが絶対に夢中になりそうな場所でした。
老後には一緒に行けるのかな? 
P6103859013.jpg


キャンプ場にチェックインして設営後、
P6103867013.jpg

いざ、周辺の散策へ!
P6103851013.jpg

P6103853013.jpg

P6103849013.jpg

P6103854013.jpg

P6103856013.jpg

キャンプ場に戻ったら、宴の始まり!
P6103869013.jpg

オートキャンプでのお得意メニュー、今回も塩麹で漬けて『豪華に変身したお得な焼肉』
P6103870013.jpg

P6103871013.jpg

もちろん、野菜もたっぷりで。
P6103874013.jpg

リピーターさんからのお土産を使用。 見てるだけでヘルシー!
P6103872013.jpg

食事が終わったら、薪を焚いて2次会。 最終的に、ビール2本&ワイン2本が空きました。
P6103881013.jpg

すでに、いちばん日の長い時期に突入。 20:30でこの陽射し! 夏だねぇ~。
P6103877013.jpg

それにしても、キャンプ場と塩の周辺は野鳥公園みたいに鳥が豊富。
見慣れないプレーリーの鳥も多いし、次回の楽しみがまたまた増えたね。


翌日は予報どおりの曇り。 でも、空が広いから気持ち良く周辺の散策。
P6113903013.jpg

P6113918013.jpg

このエリアが “Writing-On-Stone” っていう名前だけあって、先住民の壁画で有名な場所。
有料のツアーもあるんだけど、興味の薄い我が家は、無料で一部のみ見れるところへ。
P6113919013.jpg

P6113920013.jpg

P6113923013.jpg

お馴染みのお花も、背景が違うと雰囲気が変わるね。
P6113913013.jpg

もちろん、見たことないプレーリーの花々がいっぱい! やっぱり外国みたいだ(笑)
P6113925013.jpg

P6113911013.jpg

名前とかはどうでもいいけど、かなり種類が多いのにビックリ。しかもカラフル!
P6113909013.jpg

P6113910013.jpg

P6113924013.jpg

最後はこんなおまけも。曇っていても活動的なのね。今シーズンも気を付けましょう!
P6113926013.jpg

トレイルがかなり延びているので、次回は2泊くらいしながらじっくり滞在したいな。
P6113927013.jpg

帰路は、レスブリッジでランチ休憩。 有名な 「High Level Bridge」
P6113931013.jpg

本当にこんな高いところを列車が走ってる・・・・・
P6113935013.jpg

P6113938013.jpg

遊歩道やバードウォッチングに適した公園もたくさんあるようで。次回はちゃんと周ってみたい。
P6113941013.jpg


【次回のためのメモ】
往復ほぼ1000km
行きは寄り道ばかりで8時間もかかったけど、直行だと6時間くらい。
レスブリッジ~キャンモアは3.5時間。 

あ、もちろん、鳥見キャンプなんだから、バードウォッチングもメインですよ。
【カルガリー郊外】
DSCN2840013.jpg

DSCN2841013.jpg

DSCN2847013.jpg

DSCN2819013.jpg

DSCN2821013.jpg

【Writing-On-Stone】周辺
DSCN2862013.jpg

DSCN2866013.jpg

DSCN2885013.jpg

DSCN2877013.jpg


これで、冬の雪上キャンプ、初夏の鳥見キャンプはすべておしまい。
来週からは本格的にハイキングツアーが続きます。

お陰さまで、今シーズンもたくさんの予約をもらってます。ワクワクするようなご縁に感謝。
ケガなく事故なく、安全な山旅を提供できますように。たくさんの笑顔と感動で溢れますように。





2 comments

非公開コメント