4/13 ワイバード探鳥ツアー 

皆さん無事に到着。よくぞ来てくださいました。ホントに感謝です。
本日から宜しくお願い致します。

ホテル到着後16:30より徒歩圏内の公園へ。特に珍鳥もいなけりゃ種類も少ない。探鳥というよりは、移動疲れの身体をほぐす目的で散歩に。

が、その考えは誤りと気付くのに時間はかからず。カルガリーが初めての皆さんにとっては全て珍鳥。イエスズメだろうがカササギ・カナダガン・アメリカガラス・ホシムクドリだろうが何でも大興奮! 

「1時間以内で終了予定」は、結局なだめすかしてなんとか2時間でご協力いただきました。鳥も鳥で今回は非常に協力的。普段は見ることのないセジロコゲラやムネアカゴジュウカラ、挙げ句はヨーロッパヤマウズラまで登場しての歓迎セレモニーと化したのでした。散策のつもりが立派な探鳥となりました。

最高気温:11.7℃ 最低気温:-3.3℃ 日の出06:43 日没20:30
P4140224.jpg

イエスズメ(♂・♀の違いをじっくり観察) 
アメリカガラス(鳴くとき体がどう動くのか。カラスを観る際のポイント と森山さん)
クロワカモメ(日本では1羽いるだけでも大騒ぎなの と皆さん 飽きるほどいます)
カササギ(ここでは一般的な種類。個体数の多さには唖然・・・)
カナダガン(風景に映えますね~、まるで外国みたい。外国です・・・)
マガモ
ホオジロガモ♀(かなり近距離でいろんなポーズ。スコープも双眼鏡も要らない?)
アメリカヒドリ♂・♀(興奮度MAX!)
セジロコゲラ! 興奮度さらに増す(これは驚き。なぜこんな場所に?? 家の軒先にバードフィーダーを吊るしてたのね。納得)
アメリカコガラ
コマツグミ(目の周りが白かと思いきや、わずかに途切れる白い班あり。スコープの威力抜群!)
カワアイサ♂・♀
ホシムクドリ(想像を遥かに超えて大喜びの皆さん。これには森山さんも苦笑い。スコープでじっくり)
ムネアカゴジュカラ(巣作りの真っ最中。 いいものを観ました)
再びセジロコゲラ、今度もかなり間近に。 日本のコゲラより大きいのに「コ(小)ゲラ」と言われてもねぇ・・・ と皆さん。 でも他のケラ類よりは相当小さいのです。比較対照の差ですね。
ヨーロッパヤマウズラ(思いもよらぬ種類の出現に唖然の森山さん。 期待リストからは当然除外。 ♂のお腹にある模様は特徴的でした)

〆て15種類


http://www.ilovewintergreen.com

0 comments

非公開コメント