今年も雪上キャンプ ①

昨年、大感動の連続だった雪上キャンプ。今年も待ち焦がれて、ついにスタート!
残りの冬シーズンも1ヶ月と少し。 ならば、素敵なフィナーレで飾りたい。

第一弾は、昨年も出掛けた「ヒーリーパス」   ヤス&陽子の池田夫妻と。
P3252352013.jpg

P3262513013.jpg

眩しすぎる広大な雪面、染め上げられる360度の山並み、冷え込んだ空気に射し込む朝日、
極上の新雪に、贅沢な空間。 そして、気の合う仲間と語り合う至福の時間でした。
P3252381013.jpg

P3252471013.jpg

P3252500013.jpg

P3262510013.jpg

P3262512013.jpg

P3262554013.jpg

P3252498013.jpg

程よい積雪が数日前にあり、強風になることもなく、気温も低いまま。
ツーリングだけでなく、上質で、深すぎず軽いパウダーまで楽しめちゃった。
P3252488013.jpg

P3252486013.jpg

P3252439013.jpg

P3252491013.jpg

ボーゲンしかできないけど、啓子もどんどん滑る楽しさを覚えてきたようで。
やっぱり去年に幅広のスキーを買ってヨカッタね。こんな笑顔が見れるんだから、安い買い物だよ。
P3252443013.jpg

朝はテントの外も内も凍るほど冷えたけど、想定内なので寒さ対策は万全。 マイナス17℃くらい?
ホントかい? って笑われそうだけど、なかなかに快適な睡眠でしたよ(笑) ホントだってば。
P3262524013.jpg

テント内も屋外も体感温度は変わらない??(笑) 今回も、陽射しの温もりと有難さを実感。
P3262527013.jpg

P3262529013.jpg

今回も同行してくれた池田夫妻。こんな遊びに付き合ってくれる仲間はいないから、嬉しい限り!
P3252377013.jpg

P3252367013.jpg

お互いに昨シーズンからテレマークを始め、滑走よりもツーリングを楽しみたいっていう目的も同じ。
条件が揃っているからなんだろうけど、遊びに費やす時間やお金の使い方にも接点が多い。
仕事のために生きているのではなく、遊び中心のために仕事をする っていうスタイルがいいよね。
P3252357013.jpg

登行ペースを合わせてもらっているのは申し訳ないけど、心地良さを提供してくれるふたりです。
いつもありがと! 今後も季節を問わずよろしくね。
P3252374013.jpg

P3262536013.jpg

P3252373013.jpg


去年も感じたことだけど、こんなに広い真っ白な世界や雪に覆われた山々を目の当たりにすると、
黄色いカタクリが大群生する、あの初夏のイメージがすっかり薄れてしまうんだよね。
お花畑なんかじゃーなくったって、こんなに素晴らしい世界。今年も再訪できてラッキー!
P3252369013.jpg

P3262540013.jpg

P3262541013.jpg

とは言いながらも、やっぱり今年の開花状況も気になる自分(笑)
キャンプ場のトイレ周辺の積雪は、去年と比べてこんなに少ない事実にもビックリ!
P109020301302.jpg

P3252364013.jpg

もちろん、去年は降雪たっぷり&4月・5月の天候不順と、開花が遅れる理由はいっぱいだった。
まだまだ雪が降るだろうし、あとは今後の気候次第。これだけでの予想は早すぎなんだろうけど。
P3252354013.jpg

今回のトリップを前に、衛星回線を利用して救助要請が可能な「SPOT」を購入。 
バックカントリーでの安全対策は以前からの課題だったんだけど、山岳ガイドのように無線も持てないし、
衛星の携帯電話だと割高だし。 あれこれ悩んだけど、やっぱりこれに行き着きました。
使わずに済むことがいちばんなんだけど、イザというときのための保険みたいなもの。
連絡先になってもらった皆さんには感謝。 有難うございます!
P3242351013.jpg

来週以降も、安全に、ケガなく事故なく楽しめますように。


3/25 08:30バンフ発  10:15 サンシャインパーキング発  
ひと斜面滑って再び登り直した後、16:45 テント場到着  そこから、もうひと滑り
19:30になる前に、太陽が隠れる。 失敗・・・・

3/26 07:40 陽が登る 10:20 テント場を出発  14:30 パーキング到着





0 comments

非公開コメント