上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

本日もパウダーラン!

昨日もしっかり降り積もったので、新雪滑走に期待大。そして、この青空、予報もバッチリ!
P3192268013.jpg

当然、展望の良いエリアへ出掛けるつもりが、パークスカナダの公示によると、『雪崩のリスクが
高いから、青空の誘惑に負けず無難な場所を選んでね。特に南斜面は回避せよ』 とのこと。
P3192269013.jpg


残念だけど安全が最優先! 誘惑に負けず、無難な樹林帯で遊んできました。 
ヨーホー国立公園の Narao Shoulder  ここも夏には行けない、今だけの遊び場です。
P3192318013.jpg

P3192290013.jpg

登って滑って遊んだ範囲。 左の赤い矢印はレイクルイーズ、真ん中奥の黄色い矢印はレイクオハラ。
Narao Shoulder013

レイクオハラへ通じるトレイルの途中から、北西向きの斜面をガシガシ登っていきます。
P3192277013.jpg

狭い森を急登すること1時間40分。
P3192284013.jpg

体力のない自分に嘆きながらも、ようやく終点! すんごい景色が広がったよぉ~。
P3192307013.jpg

北西の景観。 右から、Paget Peak, Mt. Ogden, Wapta Mt. Hwy#1Wapta Lake も見えてる。
P3192300013.jpg

西側の景観。 Cathedral Mt.Cathedral Crags  左奥は、レイクオハラ周辺の Odaray Mt.P3192299013.jpg

北東方面には Mt. Hector も!
P3192305013.jpg

頭上には デッカイ Narao Peak が。 風の影響なのか、雪崩れる心配がないほど雪がないね(笑)
万が一雪崩れたとしても、ここまで流れることもない。 はず・・・・
P3192303013.jpg

急登なのに笑顔で登ってきた我がお嫁さん。 君の笑顔は嬉しいが、オレにはタフな登りだったよ・・・・
P3192298013.jpg

P3192297013.jpg

風を受けない樹々の中で、陽射しを受けながらまったりランチ。 癒されるぅ~。
P3192294013.jpg

そして、いよいよパウダーラン! 想像以上に狭いので、ゆっくり滑りましょ。
P3192314013.jpg

もちろん、コースなど存在しないバックカントリーだから、自己判断でルート選択。
P3192317013.jpg

雪質はすこぶるイイよ~! 今日もスバラシ!
P3192319013.jpg

ん?? ちょっと南に移動し過ぎてたようで、狭い森をトラバース。 本日イチバンの難所?(笑)
P3192323013.jpg

後半は広い斜面も続出! 雪質は変化してたけど、啓子も無難に。 やっぱ太いスキーは安定するね。
P3192326013.jpg

P3192330013.jpg

最後は狙いどおりにクリークがお目見え。 後はこれに沿って進めば、麓のどこかには出れるでしょう。
P3192333013.jpg

結局、下りは30分。 レイクオハラのトレイルに戻って、約30分。
今日も無事に楽しめましたよ。 

夏には見れない景色を一望できたし、パウダーもたっぷり味わったし、大満足!





2 comments

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。