新世界!

いや~、なんとも大満足でスゴイ1日! 
自分のロッキー史の中でもベスト5に入るくらい、大きな感動がいっぱいでした。

昨冬からテレマークスキーでツーリングを始めてから、初めて、登り&滑りのどちらも満喫。
お天気良し、雪質かなり良し、登りも変化に富んで良し、もちろん、冬にしか見れない
初めての景観もバツグンに良し。条件が揃いすぎで、本当に有難すぎ。なんともラッキーでした。

昨日に引き続き、今朝も積雪があったキャンモア。 08:30AM に出発。
標高が高くなる今日の目的地は、もっと積もっているのでは? と大きな期待。
P2181577013.jpg

#93はしっかり除雪されていて、快適なドライブ。
P2181581013.jpg

昨日と同じボーレイクが今日もスタート地点。
でも、車を停めたのは、わずかなスペースしかない路肩。昨日とは別の場所。
P2181582013.jpg

P2181583013.jpg

出発して、わずか10分でボーレイクの湖面。 あっという間に視界が広がった!
P2181586013.jpg

P2181587013.jpg

今日の目的地は、Crowfoot Grades との名前が付いた森を登り、そこから先の広い場所。
矢印のように登って、開けた場所で遊びまくって、最後は薄い森を滑り降りてきましたよ。
P2181591013.jpg

場所によって青空! それ以外は、太陽光が透けるほどの薄い雲の広がりで、陽射しはキツイ。
外気が結構冷たいけど、それ以上に空気が清い。 でっかい深呼吸!
P2181588013.jpg

P2181595013.jpg

P2181597013.jpg

パーキングから45分で登り開始。湖を渡らないと来れない場所だから、夏はムリだね。
P2181601013.jpg

森の中はかなりの急登も、やがて、背後にはスゴイ景観が。夏はもちろん、道などなし。
P2181604013.jpg

P2181609013.jpg

P2181608013.jpg

少しずつ視界が広がると共に、陽射しまで差し込んで Welcome! の合図?
P2181611013.jpg

そして、ド肝を抜かれる景観が広がったぁ~!! 後はボーレイク。未体験の景色にバンザイ!
P2181615013.jpg

例年より積雪が少ないので岩のむき出しが多いけど、テレターンの練習にはほど良い緩斜面。
P2181619013.jpg

ここまで45分。 さらに登りは続くけど、次はどんな感動が来るのかワクワク!
P2181624013.jpg

Bow Peak を仰ぐ。右奥へ登っていけば、Crowfoot Pass 方面。
P2181632013.jpg

写真だけだとスゴイとこにいるみたいだ(笑)
P2181636013.jpg

Dolomite Peak と 走ってきたハイウェイ。 日陰だから、しっかり着込んでこの場所でランチ!
P2181640013.jpg

もっと奥まで進みたかったけど、時間がないので今日はここまで。 帰路は別ルートにて。
P2181645013.jpg

P2181646013.jpg

クライミングスキンを外したら、ここからはスキー滑走。
P2181711013.jpg

急斜面もあったけど、啓子さん、横滑りなどを駆使してなんとか通過。 がんばったね!
P2181734013.jpg

最後はこんな大斜面で気持ち良く〆! 
P2181738013.jpg

無事に滑り降りて、この笑顔! さいこぉ~ だね(笑)
P2181742013.jpg

そして、往路と同様、凍結したボーレイクを横断して、パーキングまで。 お疲れさま!
P2181743013.jpg

次回はもっと早出して、なんとか Crowfoot Pass まで登ってみたいなぁ。
もしくは、日照時間が延びる次期を狙って、雪上キャンプも本気で検討中。
いずれにしても、次の楽しみと選択肢が広がりましたよ。 冬のバックカントリーツーリング、最高ぉ!
P2181593013.jpg

  【メモ】 キャンモア出発 08:30AM  10:30スタート、15:45着


キャンモアに着いたら、今朝の雪はほとんど解けていましたよ。 はやいなぁ・・・・(笑)
P2181748013.jpg

夕食は、美味いワインとでっかいステーキで乾杯! 感動で会話と笑顔は尽きず。これまた良き時間!
P2181750013.jpg


何度もあちこちで書いてるけど、冬の楽しみは本当に無限大。冬だけにしか得られない感動がいっぱい。
冬なんだから、あったかくなどないのは当たり前。そんなことばかり心配していても何も始まらない。

寒さ対策なんて、このご時世ではカンタンなこと。
もっと冬の遊びに関心を持つ人が増えてくれたらいいのになぁ。

【追記】
皆さんから雪崩や事故の心配をたくさんしてもらい、有難い限りです。
リスク対策の勉強や装備はもちちろんですが、雪崩の危険指数も低いときにしか出掛けていません。
石橋をしっかり叩いて、ビビリながら渡ってますので。

P2171572.jpg


     73344_467653976617930_924871547_n013.jpg





0 comments

非公開コメント