無難に 『Firebreak 』で

トライしてみたいエリアがあり、珍しくバックカントリーのスキー滑走を狙ってみました。
雪崩の危険性が高いわけでもなく、思いきってGO!

降雪がまるでないので、キャンモアやバンフ周辺はご覧のとおり。 いいのか悪いのか・・・
P2041274013.jpg

そして、#93を北上し始めた途端、かなりの突風と視界の悪さに予定変更。
極端なロッキーに戸惑いながらも、そのまま逆戻り。 次回の楽しみにとっておきましょ。
P2041275013.jpg

結局、クートニー国立公園の 『Firebreak 』へ。

2003年に40日以上も続いた、大規模な森林火災。
暴れまくる火の勢いを抑えるために、あらかじめ帯状に燃やした場所。
 
広くて緩い斜面は、啓子さんがお気に入りの場所なのです。
P2041282013.jpg

でも、この斜面に出るまでは、最低でも1.5時間の登り。風が強いけど、やっぱり汗もかくんだね。
P2041280013.jpg

登りきったところで、ランチ。 濃い森を選べば、風もしっかり防げます。
P2041283013.jpg


さて、いよいよ滑走。 でも、その前に・・・・

登りで活躍してくれる「クライミングスキン」を外さねば滑れません。
P2041286013.jpg

左は「スキン」が付いたままのスキー、右が「スキン」を剥がした状態。
P2041285013.jpg

ちなみに、ブーツとビンディングにも「登るモード」と「滑るモード」の切り替えがあります。
P2041295013.jpg

P2041293013.jpg

相反する行動を同じ道具でこなすための工夫。遊びへの執念による開発なのかな?(笑)

雪質が悪いのと強風の影響で、滑ったのは1本だけ。 ケガを防ぐ意味でも、今日はこれで十分でしょ。
P2041289013.jpg

誰に会うこともなく、埃が舞う町から離れての新鮮な空気。
今日もいい時間を楽しめましたよ。

いつかは、明子さんや和田ちゃんも連れ出したいなぁ。


その後はバンフに寄って、12月下旬にオープンした、布江の嫁さんのカフェへ。
お祝いが遅くなってごめんねー。布江にも1年以上も会ってなかったはず。
自分の夢を求めて叶えていく仲間たち。気持ちがいいね! 今後も応援してます。
P2041296013.jpg




0 comments

非公開コメント