新規コースへ

たまには違う場所へ ってことで、お初のクロカンコースに行ってみました。
カナナスキスの Skogan Passへ  往復20km

スタートから圧雪もなかなかで快調。
P1281104013.jpg

が、しかし、予想以上に登りが多い・・・・ 
P1281112013.jpg

途中から面倒になって、スキーを抱えて登る。 急斜面はこのほうがよっぽど楽だ。
P1281121013.jpg

視界はほとんど広がらず、ひたすら森の中を登る。
P1281129013.jpg

P1281131013.jpg

結局、最後まで登って、あとは周遊して下るだけ。帰路は当然、ひたすら下り。
クロカンコースとしての醍醐味は無いようなので、もう2度と行かないだろうなぁ(笑)

下りは楽チンかと思いきや、なぜか、湿気を含んだ寒気に包まれてしまって、急激な冷え。
手足の感覚は途中で全滅・・・・ 装備をしっかり用意しておいて助かったぁ。

そして、昨晩から明け方の放射冷却の影響で、またまた登場しちゃいましたね、彼らが。
Surface Hoar(表面霜)っていう、弱層の素です。 1850m付近。
P1281122013.jpg

P1281135013.jpg

結晶同士の繋がりがもろく隙間が多いので、この後に積雪があると雪崩の滑り面になるらしい。
今晩から雪の予報。いつも以上に雪崩情報は要チェックですね。  

それにしても、しばらく雪が降ってないから、冬を感じることのない景色が増えちゃいましたよ。
P1281145013.jpg

これ、カナナスキスの入り口付近。 
この辺りは風が強いことも影響してるんだろうけど、それにしてもねぇ・・・・
P1281103013.jpg

ヤムナスカなんて、ハイキング出来ちゃいそうな様相(笑)
P1281101013.jpg

キャンモアの町もほとんどの雪が消え、埃だらけで空気が悪すぎ・・・・
P1281149013.jpg

P1281150013.jpg

P1281151013.jpg

P1281152013.jpg

伝えたいことはたくさんあるんだけど、とにかく、
自然の営みがスムーズに進むためには、冬には冬らしい積雪と気温が必須 っていうのが持論。
人間という哺乳類だけが快適に暮らせるようでは、バランスが悪すぎます。


たまにしか真面目なことを考えないから、お腹も空いてきましたよ。 今晩は焼肉!
P1281153013.jpg

P1281154013.jpg

タケと涼子にいただいたワイン、予想どおりの美味でした。ありがとー!
P1281155013.jpg

P1281158013.jpg

明日はどこに行こうかな?


2 comments

非公開コメント