紅白歌合戦

ようやく、2012年の紅白歌合戦を観終えました。
我が家は毎年ネットからダウンロードして、ファイルで保存してるのです。
少しずつ、ゆっくり・じっくり観ることが出来たので、今年も大満足。

今回の内容が濃かったことは、ネットのニュースなどで知ってたけど、
うん、本当に素晴らしかった。久し振りにレベルの高い紅白でしたね。


個人的には、「プリンセス・プリンセス」が特に印象深かった。

歌う前のコメントで、
「若い頃は目の前に見える大きなものだけに価値を感じていたけど、
いろんな経験をした今、日常のささいなところにもダイヤモンドがあるのでは?」


この感覚ってね、年齢を重ねないと絶対に気付かないことですよ。
彼女たちもステキに年を積み重ねた証拠ですね。 メンバー全員、いい顔してました。

自分のことを、おばさん とか オッサン だとかばかり言ってる人たちには理解できないと思うけど。

たくさんの代表曲から、あえてこの曲を選んだのも、そんな理由なんだろうか。
自分も「プリプリ世代」 彼女たちから元気をいっぱいもらいました。
P1080844013.jpg

P1080843013.jpg

そして、MISIA も良かったねぇ。
壮大な景観と彼女のアーティストとしての魅力がバッチリ観る者を惹き込んでいったはず。
プリプリ同様、何度も何度も繰り返して観ましたよ。
P1080847013.jpg

P1080845013.jpg

ということで、今年も無事に観れてヨカッタぁ。




0 comments

非公開コメント