"福" 来たる

2013年、最初の「シロフクロウ探検」は、カルガリー郊外へ。
冬の遊びはスキーやスノーシューだけではないんですよー!

不苦労』、『福籠』、『福老&富来老』=豊かに年をとる、『福路』=旅の安全、人生の幸せ
フクロウは縁起の良い語呂合わせがいっぱい!今日は3~4羽の出会いに恵まれました。
DSCN2555013.jpg

P1060776013.jpg

P1060784013.jpg
 
シロフクロウは英名で 「Snowy Owl」

*ホームは北極圏のツンドラ地帯。エサの乏しくなる冬だけ、その多くが南に移動。
 カルガリー周辺でお目にかかれるのも、やっぱり冬だけ。3月までが出会いのチャンス!
*その名前のとおり、足の爪先からくちばしまで、全身が白い羽毛の寒冷地仕様。
*森林ではなく、平原で昼間に活動的なフクロウなので、人間にとっても探しやすい種類。
*大人のオスは純白に近いけど、メスや若いオスには黒っぽい「しま模様」あり。
 今回出会えたのも、若いオスかメスのようでした。
DSCN2551013.jpg

DSCN2562013.jpg

DSCN2561013.jpg

バードウォッチングでカルガリー郊外を走るたびに、この土地の広大さには驚愕しっぱなし。
何度見てもアルバータ、君はやっぱり広すぎるぜー! こんな広い心になりたい(笑)
P1060793013.jpg

P1060782013.jpg

P1060798.jpg

うっとりで撮影する田中(同行してくれた仲ちゃんの撮影)
DSC01236013.jpg


今回の参加メンバーは、いちばん気心知れた親友たち。
この仲間で感動を共有できたことは、さらなる幸福感ですねぇ。

他のメンバーの、違った視点で綴られたブログもご覧ください。
田中が撮ることなど不可能な飛翔の瞬間や、シロフクロウに失礼なき白い衣装?なども必見(笑)

明子さん→ http://kotubunohanashi.blogspot.ca/2013/01/blog-post_7.html

和田ちゃん→ http://wondertaxi.blogspot.ca/2013/01/blog-post_7.html




2 comments

非公開コメント