上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

大切な人を救いたい

WMA主催の「Wilderness First Aid コース」が日本語で受講できることを知り、リードインストラクターの太田拓野(Ota Takuya)氏らと通信を重ねた結果、15名程度が集まってくれるなら、特別にロッキー地区で5月ごろに開催できるかも との返事をもらいました。

現時点ではこの資格がなくてもパークス内でのハイキングツアーは可能ですが、ツアー回数を重ねるほど、スタンダードのFAでは実践的ではないと感じたり、現場の事故やケガに対する不安も膨らんでいる人も多いはず。観光ツアーにおいても、どんな事故に出くわすか分かりません。また、ツアーに関わっていなくて​も、リスクの大きいバックカントリーへ遊び場を求める人も増えていますし、フロントカントリーや便利な日常においても、アクシデントに出会う場面は数多くあるのだと思います。昨年の大震災のようなことが、いつ自分の身に起こるか分かりません。

個人的には、夏も冬もバックカントリーへ嫁さんと出掛ける機会が増えたと同時に、リスクへの不安も増えすぎています。でも、以前は、何かあったらどうしよう・・・ だったのが、最近は、彼女に何かあったら、自分が救わなければ と思うようになりました。遅すぎたかもしれないけど、ようやくそのことに気付き、その気持ちはどんどん強くなっています。

自分と似たような気持ちを抱いている人はたくさんいるのだと思います。来年の5月に向け、スケジュールや費用調整、予習などの事前準備をしてみませんか? 大切な家族や恋人や仲間やお客さんなど自分が守ることができたら、どんなに嬉しいことか。

興味のある方、賛同してもらえる方は、いつでも気軽に声をかけてください。これから時間をかけて皆さんに呼びかけていければと思ってます。

WMA(Wilderness Medical Associates) の日本語公式ホームページ
http://www.backcountryrescue.jp/






0 comments

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。