出会いと財産 

「終日たっぷりの雨」との予報・・・・ 憂鬱な気持ちを抑え、再びツアー。レイクオハラへ。
高級なレイクオハラロッジに宿泊できそうな、品のある穏やかなご夫妻と。あやからせてください!
  
標高2000mは、今朝も寒い。キーン!って冷たい空気が張ってます。 
でも、レイクオハラはこんなに美しい。 予報に反してちょっぴり青空も。
P1040096.jpg

何度も出かけた海外へのビジネストリップ。その中で最も印象的だったのがカナディアンロッキー。
いつか自分の伴侶にも見せてあげたいと、今回は念願叶っての大切な旅行のようです。

が、肝心の伴侶は今日のハイキングに不安がいっぱい。口数が少ないのもそのせいなのかな?
日本でもこんなことしないのに、なんでロッキーで?? どんなとこに連れて行かれるの?
どんなにハードなの?? かなり怯えてる?(笑)

だ~いじょうぶ、順子さん。 だからこその1日1組限定。 どうぞご安心を。 
  
山の一歩は平地の半歩。  狭い歩幅でゆっくり、でも、ちゃんとリズムも刻んで。
程良いタイミングで衣類調整や水分補給も行ないながら登ります。 だから心配しないで!

おふたりからは、素人でもムリなく楽しませてもらえたらとのご希望。 「山歩きの経験はかなり浅いので」って何度も念を押されました。 お天気のこともあるし、14:30のシャトルバスも選択肢に入れ、時間的な融通が利く「レイクカッマーサー」へ。

登りをこなすたびに、順子さんとの会話も弾み、表情もやわらかくなってきた。 
そうそう、その調子ですよ。

お話しながら登れるってことは、心地良いペースってこと。 
しっかり鼻水も垂れてきた?のは(笑)、体があったまってる証拠。  いいぞぉ~!

「信じられな~い! こんなとこに自分がいるなんて」
興奮しながらもしっかり歩くおふたり。 
足どりも滑舌(かつぜつ)も笑顔もバッチリですよ。 もう大丈夫! 
P1040099.jpg

P1040109.jpg<

レイクマッカーサーの雄大さに満足、予報が良い方向へ外れてくれたことにも満足。 
ハイキングを無難にこなせた自分たちに満足。 タープの下で雨や雪を避けながらの山岳?体験にも満足。
そして、啓子のまごころサンドイッチに大満足。 とっても美味しそうに食べてくれました。 感謝!
P1040103.jpg

P1040102.jpg

極端な変化に驚きながらも、ロッキーの神秘をたくさん感じてくれました。 
本当はかなり感性豊かなご夫妻です。 今まではそんな機会が少なかっただけ。 
P1040104.jpg

P1040106.jpg
   

「私がそうだったように、たくさんの方を幸せにしてあげてください」 そう言ってくれた順子さん。
「最後は口笛を吹きたくなるくらい、快適な1日でした」 そう言ってくれた洋さん。

おふたりの言葉がとっても嬉しかった。 
そして、この仕事を続けていて、ホントよかった。  

自分のやってきたことにムダも間違いもなかったんだと元気になりました。
たくさんの出会いから得るものがたくさん。 かけがえのない財産がまた増えた!

これからも驕らず、謙虚な気持ちを持ちながら、でも、自分の道をブレずに進んでいこうと思います。

順子さん、洋さん、本当に有難うございました。