レイクオハラ雪上キャンプ 

懲りずにまたクロカンしてきましたぁ!
P1010522.jpg

でも、本当の目的は “雪上キャンプ”                            
貸切りの湖上と貸切りのキャンプ場。 何度来ても贅沢!
P1010526.jpg

まだまだ雪深いレイクオハラまで、標高差400mを登り下りしてきましたよ。        
やっぱオハラは冬がいい!
P1010516.jpg
   
屋根付きと風除け完備のシェルターは、薪ストーブも利用できて、しっかり暖もとれます。 
薪もたっぷり用意されていて、自由に使用可能。
P1010531.jpg

P1010528.jpg
   
今宵のメニューは薪ストーブを利用した豪華焼肉と、呑み放題?のワインとウォッカ。  
どっちも 美味~い!!しこたま食べて呑んで。 そして豊富な話題に花を咲かせて。
楽しいから寒さなんてちっとも感じず。

翌朝は新雪が積もっていたようだけど、朝までぐっすり寝かせてもらいました。
P1010532.jpg
  
荷物がすっかり軽くなった帰路は、ひゅー! って下っておしまい。  
毎回恒例ですが、昨日はなかったクマの足跡も。
P1010542.jpg


今回同行してくれたのは、北海道は東川町在住の みちこ。
現在はキャンモアに滞在しながら、3ヶ月間の山岳スクールを受講中。
P1010543.jpg

カルガリー大学で国際開発(途上国の文化や環境問題など)を学び、その後は大雪山を拠点にした自然活動の経験を生かし、ケニアのアバデア国立公園に青年海外協力隊として赴任。環境教育隊員として2年間を過ごしたそうです。

キャンモアでの山岳スクールを終えたら、東川町に戻り、ネイチャーガイドとして独自の道を切り開いていきたいとのこと。言動のすべてが前向きで、たくさんのことに感謝の気持ちを忘れない彼女。ガイドの域を超えて、とんでもない人間になるような気がします。 

またひとつ、ステキな出会いに恵まれました。 
この縁を大事にしたいです。 みちこ、ありがとー!