上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝! 念願の1割負担  

日本はすでに4/27  旭川の母ちゃん70歳の誕生日。  おめでとー!
  
この誕生日は、とっても感慨深いものがあります。 
まさか、この年齢まで生きてくれるとは、本人も家族もまるで想像できなかったから。

前回の日本帰省の際には、痩せこけて、酸素チューブをつけながら、
苦しそうに動き回る母ちゃんの姿がありました。

母ちゃんと、本人を取り巻くすべての人に感謝の気持ちでいっぱいです。有難うございます。


肺がんとお友だちになって、すでに5年。 
正式な病名は、非小細胞肺癌の「腺がん」

同じ症状で入院していた皆さんが、何年も前に全員亡くなっているのに、
今でもしっかり生きてる貴方は偉大です。

血小板増多症、いわゆる血が固まりやすい病状との稀な組み合わせで、
5年も生きてる貴方は偉大です。

田中好子さん(55歳)が乳がんで亡くなってしまったけど、乳がんも経験し、
さらに肺がん&肝臓にちょっと転移、それでも70歳を迎えた貴方は偉大です。

抗がん剤(いや、その副作用と言うのが正しいか)に耐えた貴方は偉大です。

自宅療養だけで、こんなに延命している貴方は偉大です。

肺が小さくなりすぎて、酸素濃縮装置を自宅に構え、酸素チューブを引きずりながらも
トイレ掃除をする貴方は偉大です。

担当医に懇願して、抗がん剤の投与をやめた貴方の決断は偉大です。

大きなリスクを承知で、ハイドレア(血小板増多症の薬)の投与もやめた決断はもっと偉大です。

でも、ふたつの投与をやめて、食欲旺盛&体重増加、
絶好調&絶口調で元気いっぱいになった最近の貴方は恐ろしいほど偉大です。


元気になった姿はもちろん嬉しいけど、がんの進行と脳梗塞や心筋梗塞などのリスクはとっても心配。
だけど、痩せこけて衰弱していく姿をさらすより、ポックリ逝くほうを貴方は望むのかな。

貴方のことを心配・応援してくれている人は、ここロッキーにもたくさんいるんですよ。
貴方のことを直接知ってる人だけでなく、このブログから間接的に応援してくれてる人もたくさんいる。

入院中は、「がんばれ」っていう言葉を極端に嫌ってましたね。 
私は必死でがんばってる。これ以上、どうガンバレっていうの??  
貴方はいつもそう言ってました。

だから、もう、がんばらなくていいよ。 
短い余生、絶好調のうちに美味いもんたっぷり食べて、幸せな笑顔で毎日を過ごせばいい。
  
とにかく、念願だった 医療費1割負担への昇進? おめでとー!
P5210061.jpg

P5240104.jpg
   
2006年5~6月にキャンモアで滞在中の母ちゃん・父ちゃん。 
帰国後の8月に肺がんと仲良しになる。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。