バンクーバー滞在・野鳥編 

4/04~07 

バンクーバーで “野鳥” と言ったらこの方、川端さんに終日ご案内していただきました。
お忙しいスケジュールの隙間にムリヤリ潜りこませてもらえてラッキーです。
P1010197.jpg

P1010198.jpg

「AKトラベル」の代表である川端さんは、鳥だけではなく、植物も含めた生き物全般に博識な第一人者。自然環境を幅広く観ることができる、数少ないナチュラリストです。また、専門は自然だけにとどまらず、先住民文化を含めた人類学でも多方面でご活躍です。

12年前に一度だけお会いしたことがあり、当時はまったく興味のなかったバードウォッチングに連れて行ってもらいました。鳥のことはまるで覚えてないけど、川端さんがとっても嬉しそうに、夢中で鳥のお話をしてくれたことだけはしっかり覚えてます。

そのときも今回もたくさんの刺激をいただき、ガイドとして人間として、憧れる方のおひとりです。

1日だけでしたが、本当に環境を変えながらたくさんの探鳥地にご案内していただきました。 
その一部と確認できた鳥たちを掲載。


★海鳥たちが集う有名な場所、White Rock
P1010208.jpg 

P1010203.jpg
    
Surf Scoter(アラナミキンクロ)  ♂♀ 
DSCN0716.jpg
           
White-winged Scoter(ビロードキンクロ)  ♂♀
DSCN0706.jpg    

その他、Black Scoter(クロガモ)の♀や、Common Loon(ハシグロアビ)の冬羽も初確認!


Blackie Spit Park 
P1010171.jpg
   
画像ないけど、Red-Breasted Merganser(ウミアイサ) を初確認! 
  

川端さんのオリジナル秘境ポイント
P1010172.jpg   

かなり確立高いよ~!って言われた Pileated Woodpecker(エボシクマゲラ)
待ってたらホントに来ましたよ! しかも3羽も・・・・   恐るべし、バンクーバー。 
いや、恐るべし、川端さん。
  

★「灯台もとくらし」的な場所 
残念ながら2日間とも出会いは叶わずでしたが、冬場はかなり確立が高いそうです。
Barred Owl(アメリカフクロウ)と、手のひらにのるくらい小さな Northern Saw-Whet Owl(アメリカキンメフクロウ)の棲むポイント。

ペリット(食べた獲物の消化できない骨や毛などが吐き出された塊り)がたくさん落ちてました。
P1010220.jpg
 
ネズミ?の頭蓋骨も・・・・  どちらも、和田ちゃんが喜びそうだなぁ(笑)
P1010219.jpg    


★バンクーバーでいちばん有名な探鳥地 Reifel Bird Sanctuary  
自分たちでも来れる場所なので、フクロウだけ確認して足早に一周。
たくさんの種類はもちろん、この時期限定 Snow Goose(ハクガン)の大集団!
P1010184.jpg

P1010190.jpg
   
★こちらも有名な Tsawwassen Ferries Terminal  
Black Oystercatcher(クロミヤコドリ) こちらもお初です! 
名前のとおり、牡蠣?貝?を盛んに採ってました。
DSCN0680.jpg

DSCN0666.jpg   

その他、Brant(コクガン)の群れも確認できました。 これも嬉しい初見!
DSCN0676.jpg
  

そして、2種類のフクロウを見るための最終2ヶ所。 

狙いは、人馴れした? Short-Eared Owl(コミミズク)と、
絶対に見た~い!と願った Barn Owl(メンフクロウ)


コミミズクは無事に確認。ホントに近距離~! 
コンパクトデジカメでも撮れるくらいの距離まで近づいてもOKらしい。  
DSCN0698.jpg
  
憧れのメンフクロウ 「Barn」 とは納屋の意味。
彼らの好む場所は、ボロボロの古い小屋。 窓が割れてたり、屋根が何ヶ所も剥がれてたり。
今回も、すでに使われていないこんな牛小屋に連れて行ってもらいました。  
P1010213.jpg  

画像だと明るすぎるけど、中はこんな感じ。 
張り巡らされた梁の合間にうまく隠れていて、探すのはとっても難しい・・・・
P1010211.jpg  

かなり警戒心が強いらしく、遠くからそっと双眼鏡で眺めておいて、
川端さんが近づいて飛ばしてしまうという強行作戦?で、見事に確認!!

もちろん、画像は撮れませんでしたが、他人さまの画像を。
DSCN075902.jpg

DSCN075901.jpg 
   
ホントにお面みたいな顔、飛ぶと裏が真っ白、アルバータでは確認記録がないので、貴重な出会いでした。

和田ちゃんへ 
見るのは至難の業、写真に撮るのはもっとムリ、それでも感動はとびっきり! 
いつか一緒に見れたらいいね。


おまけで、Ring-Necked Duck(クビワキンクロ)の交尾シーンと、
初撮りの Brown Creeper(アメリカキバシリ)
DSCN0752.jpg

DSCN0743.jpg
   

それにしても、たくさん見せてもらいました。 
バンクーバーがすごい!というよりは、やっぱり川端さんがすごい・・・・

鳥見は効率の良い場所探しと、同行してくれる方の鳥を見つける能力。
このふたつが備わっていないと多くは確認できない遊び。
ガイドさんの頼もしさ、偉大さを改めて感じた毎日でした。

自分へ→ もっともっと精進しなさい!


100%の雨予報だったのが、本当にラッキーなことに、まったく雨にあたらず。 
これもトイレ掃除の恩恵かぁ?!