それぞれが出来ること 

こんなときだけど、楽しく遊んできました。
いや、こんなときだからこそ、めーいっぱい遊ばせてもらいました。

自分勝手な言い分かもしれないけど、人や街が普通に動かないと、被災された方々を励ますことはできないから。それぞれが今自分のやるべきことをやる。それもひとつの方法だと思います。

鳥見のため、カルガリーへ。 フクロウの画像をブログに貼りたくて。
本当は 「福朗」、「福籠」、「不苦労」 と元気づけたかったんだけど、

残念ながら、お目当ては探せず・・・・

でも、元気にドラミングをするキツツキ2種類を確認しました。
静止画なので、勢いある様子は伝わりにくいけど、確かな主張の音が静かな森に響いてました。
君たちも応援してくれてるのかな?  元気をありがとう!
DSCN00450.jpg

DSCN00430.jpg


田中がカナディアンロッキーのハイキングツアーを担当させてもらっている、兵庫県の旅行会社 『 山旅人 』が、自分たちにもできる災害支援として、こんな素敵なチャリティーイベントを予定しているようです。 http://yamatabito.com/  


我が家は、カルガリー日系人協会を通じて義捐金を送付させてもらうことにしました。
「若菜会」で活躍されている、Miyuki さんからの呼びかけに賛同させてもらいます。
  
CJCA Community and Seniors Foundation  
Japan Earthquake Relief
2236-29 Street SW, Calgary, Alberta T3E 2K2

もちろん、カナダ赤十字のオンラインからも直接募金できるし、


カナダで携帯電話を利用している人には、こんな募金の方法も。
詳細や募金方法は、明子さんのブログで紹介されてます→ http://kotubunohanashi.blogspot.com/2011/03/30333-asia.html   
  

また、田中も早速、使用させてもらいましたが、世界中に広がる募金箱のデザイン。
https://sites.google.com/site/prayforjapan311/home

募金箱だけじゃなく、Webサイトやブログでも利用できるはず。 
ロッキーを愛する、りっちゃんのブログで知りました。 りっちゃん、ありがとう!


みんなが、出来ることから始めてます。 限られたことでも、誰かの笑顔と勇気に繋がりますように。


追伸: 旭川の陸上自衛隊に所属する実弟が、災害派遣のため岩手県に入りました。 
稔へ 不安もあるだろうけど、ひとりでも多くの方を元気にしてあげてください。 身体には気を付けて。