上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つまづいても、たくさんのぬくもり 

カルガリーで2日間の鳥見三昧!    ・・・・となるはずが、 鳥見の記憶はわずかに30分。


話せばとっても長いストーリーなので省略しますが、

吹きだまりに埋まって車が身動き不能。 
P1000971.jpg
   
そして、引き上げてもらったのは、ナント24時間後。  なんで????

その間は雪かきと、電話と待機。 そして、再び電話と待機の繰り返し。
P1000969.jpg
  
体感温度がマイナス37℃と異常なほど冷え込んだカルガリー。
低体温症を懸念してくれた通りがかりのおじさんが、自宅に招いてくれました。 
シロフクロウの置物もあったし(笑)
  

立ち往生したのはノーラックでしたが、
こんなにもあったかくて優しさい人に助けてもらえたのは、本当にラッキーでした。

カナダの無責任なシステムと対応には改めて憤りを感じたけど、それ以上に感謝の気持ちを持てたことが嬉しかった。黒澤家にもたくさんん支えてもらいました。 ありがとう。

  
車を引き取りに行く道中、メスのシロフクロウにも会えましたよ。 
DSCN0404-0301.jpg
  
2日間のお休みは台無しになったけど、来週は山小屋泊まりのイベント。 今回の分まで楽しんできます。

  
鳥見に関しては悔しい限りなので、次回、必ずリベンジに出掛けます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。