上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

10/09 イーグルウォッチング

9/28以降のブログが停滞してますが、雑務や遊びであっという間に時間が。
手抜きせず、ゆっくり更新していきますのでご勘弁を。


その前に、最近の報告。

今年は秋が長くて驚いてます。
例年なら気の早い積雪に見舞われ、気温もどんどん下がる時期のはずが、
連日のポカポカ陽気。 まだまだ無難にハイキングも楽しめちゃう有難い毎日。

6~7月のお天気が不安定だったから、おまけのご褒美かな?
週明けの月曜日から、再び2泊でバックパッキングへ。 今年最後だろうね。
PA09988910.jpg

朝焼け・夕焼けも美しい毎日。
PA08988110.jpg


さて、毎年この時期の楽しみはキャンモアの上空。

ソアリング(翼をひろげたまま風に乗って飛ぶこと)しながらロッキーを舞う、
Golden Eagle(イヌワシ)の華麗な姿。 遥か上空でかなり遠いけど、十分に
感動しながら楽しんでます。
ShowLetterrr.jpg
(坂本さん撮影画像 2007年5月)


上昇気流がたっぷり発生した今日、自宅マンションのパーキングで約1時間。
結果、イヌワシ17羽、ハクトウワシ2羽を双眼鏡&望遠鏡で確認できました。
(たぶん、そうだと思う・・・・)
PA09989710.jpg


昨日の観測レポートによると、カナナスキスの観測ポイントでは、合計274羽の
イヌワシが確認され、時間帯別では、12:00~13:00に78羽が記録されてます。

ここ数日は Big days が続いてる様子。
来週土曜日には、キャンモアで「イーグルフェスティバル」も開催されます。



Eagle Hyway」 と呼ばれるキャンモア上空は、毎年、春と秋に、それぞれ
2000~5000羽以上が記録される、イヌワシの重要な渡りルート。

イヌワシやハクトウワシなど大型の猛禽類は、環境の良し悪しを知るための「指標生物」とされ、その観測は重要な役割があるそうです。

渡りの数を明白にすることで、個体数の増減はもちろん、獲物となる小・中型哺乳類の生息状況や、繁殖地と越冬地の生態系などが明らかになり、また、成鳥か亜成長(若鳥)かなどの年齢構成や、オス・メスの性別をみることで、アラスカやユーコンでの繁殖成功率まで計ることまでできるんだそうです。

毎年、減少傾向にあるイヌワシの数。 特に去年の秋は前年比マイナス14%

今年はどんな結果になるのでしょうか。 


和田ちゃん、今年は一緒に観れないねぇ・・・・
明子さん、来週末はイーグルウォッチングなんぞいかが?


イヌワシが優雅に舞う動画。
http://www.arkive.org/golden-eagle/aquila-chrysaetos/video-06a.html


4 comments

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。