6/21・22・23 キャンプだ!

キャンプ最終日。

テントを撤収して帰る前に、往復9kmのハイキング。
終点からの展望が、それはそれは圧巻!の 「Whaleback」へ。
画像では伝わりませんが、ヨーホー国立公園では、トップクラスの景観です。
P623024510.jpg

P623024810.jpg

P623024410.jpg


ここを日帰りで楽しむためには、往復17km、標高差700mのタフなハイキング。
バンフやキャンモア発着だと、合計で11時間以上も費やすことに。

それを考えたら、バックカントリーはやっぱり楽チン!
たったの3時間で往復できちゃう。


終点に着くと同時に雨も歓迎してくれましたが、タープのおかげで快適。
今日のランチは、パノラマレストラン「Whaleback」
P623024010.jpg

P623025110.jpg

眼前に迫る大パノラマを満喫しながら、のんびり80分。
1年振りのこの景色、やっぱりすごい・・・・


今日もお花が多かったぁ・・・・
P623023410.jpg

Northern Anemone(キンポウゲ科)
キャンモアやバンフ周辺などの麓でもよく見るけど、厳しい環境下では、
当然ながら、たくましく見えてくる。強さと繊細さが表れてるね!
P623003810.jpg



そして、こいつとの時間もいつも関心。

19歳でカナダに渡り、7年間ひたすら英語の中で生きてきた千佳。
そのせいで?日本語能力は下降線まっしぐらだけど(笑)、
日本人特有の気遣いを忘れることなく、周りにキチンと接してる。
P622022410.jpg

白人社会に浸かっていると、都合の良いように日本人と現地人を使い分ける
やらしい奴が多いけど、彼女はいつでも純粋な日本人。

純粋すぎて他人に振り回されることも多いけど、長所と短所は紙一重だから、
それもまた彼女の魅力。

キャンプでの3日間、パンツは毎日履き変えるのに、
ソックスはいつも同じで悪臭増幅(笑)

でも、そんな千佳が妙に好きなのだ。

彼女の、ひたむきで純粋な生き方を応援してます。


千佳ぁ、また来月も必ず行くぞー!



4 comments

非公開コメント