4/19・20 レイクオハラ泊

先週、途中断念したレイクオハラへ行ってきました!
P419916410.jpg


連日の初夏みたいな陽気で、コースは完璧な春コンディション。
夜間に冷え固まった表面は、午後には解けて緩んでグサグサ・ズボズボ・・・・

ならば、徒歩&スノーシューで雪上ハイクにしてみましょ。
クロカンでは無理のある条件を逆利用してみました。
P419915410.jpg

P419917610.jpg


そして、1年中オープンとは知らなかった、レイクオハラキャンプ場。
今日のお宿は、初の雪上テント。
夏は予約困難で騒々しい場所も、静かな自然音だけの空間です。
P419920810.jpg

P419916010.jpg

朝晩用の上着を詰め込んで、もちろんスノーシューも差し込んで、
夏キャンプより重たい荷物を担いで歩いた甲斐がありました!
P419914710.jpg

P419914910.jpg


ストーブ付きのシェルター。 薪も用意されてます!
P419920910.jpg

P419921410.jpg


今日も暑かったし、日が長いから、20:00でも気温は17℃
野菜たっぷりの中華鍋、赤ワイン、薪の燃え弾ける気持ち良い音、
寒さなど感じる隙間もない素晴らしい時間!
P419921610.jpg


20:30、そろそろ宵の始まり。 後片付けして、テントに戻るとしますか。
P419921910.jpg

21:00、藍色の空に三日月がくっきり!
P419922110.jpg

二次会は、ウォッカのお湯割りであったまりましょ。
P419922310.jpg


付加価値大!の今日を振り返ってみると・・・・


キャンプ場まで徒歩。 11km、220分。 
そして、テントを設営してランチを食べた後は午後の部。
いつかは冬にも歩いてみたかったレイクマッカーサー方面へ。


スノーシューに履き替え、行けるとこまで! ってことで再出発。
P419917110.jpg

今日は雪崩のリスクが高いから、迂回しながら、途中、道にも迷いながら・・・・
結局、予定外だったレイクマッカーサーまで登ってきました。
気温22℃、強烈な日差しと照り返しで半袖でも暑い・・・
往復7km 255分
P419919210.jpg

P419919610.jpg

それにしても・・・・ この美しさをどう表現したらいいのか。
ズッシーン! って全身に響き渡る感動音。 それでいて、清々しいこの感覚。
夏には絶対に味わえない、貴重な感動体験です。 ロッキーの冬に万歳!!
P419918810.jpg


何度も何度もズボズボ埋まり、体力消費の激しい午後の部でした。
P419920710.jpg


翌日の帰路は、残り5kmの地点で大きなグリズリーの足跡。 かなり新しい・・・・
P417004610.jpg

ベアスプレーを確かめながら、大きな声を出しながら。
笑いたくはないのに、なぜか笑えてくるこの緊張感。

結局この足跡は終点間際まで続いてました。


そして、無事にパーキング到着。 お疲れさま!



楽しかった冬の遊びも、これでおしまい。 
来週からは、鳥・花・ハイキング全開で楽しみます。




6 comments

非公開コメント