2012年04月の記事

大興奮の鳥見!

いつもの&珍しい?メンバー、合計8名でのバードウォッチング@カルガリー!諸事情で欠席だった原崎夫妻へ。 次回は是非一緒にね!これ、いつものメンバー。4ヶ月の日本滞在を終えたばかりの中村も強制参加。いつものメンバーのはずが、最近は出席日数が足りない和田ちゃん・・・(笑)旧知の仲は旧姓・大久保。鳥好きの息子君を連れて同行してくれました。15年ぶり?の一緒の時間。とっても嬉しい!そして、明子さんの大親友、カ...

来冬の下見へ

雨の中、スキーツーリングへ。来冬に是非とも雪上キャンプを狙いたい場所の入り口周辺。夏にはトイレルのない、「ヘレンレイク」のずーっと麓を登りました。ガイドブックを読んでもイメージが掴めなったので、確認の下見です。強い雨と雪質の悪さで途中断念。でも、お陰でイメージは掴めましたよ。 来冬が楽しみ!...

鳥見キャンプ

4/23・24・25安全面、天候面での条件揃わず、今週の雪上キャンプは断念。代わって、往復1000km、2泊3日の小旅行へ。B.C州はケロウナで、新緑をたっぷり浴びての鳥見キャンプです。ワイナリーがとっても有名なエリアですが、ワインには見向きもせずに鳥を追いかけた我が家。鳥見スポットが市内・郊外の各所に集中、1日で効率良く周ることもできたし、普段は見ることなどできない種類にもたくさん会えて、収穫たっぷりでした。そして...

雪上キャンプ第3弾

4/16・17いや~、激動のお天気で苦戦したけど、出掛けてヨカッタぁ。4・5月の「雪上キャンプ&スキーツーリング」第三弾は、カナナスキス。8年前の夏に一度だけ行ったことのある、「サウス・バーストールパス」って場所へ。先週の晴天キャンプとはまったく違う感動で大満足!条件が揃ったおかげで、時期外れのパウダー三昧もできました。気持ち良かったぁ!ホント、ロッキーって幸せな場所だぁ・・・・予報はイマイチだったのに、...

「ポールの木かげで」

大学時代の親友が、大人向けの絵本を出版しました。5分で読めますが、彼が48年で得た愛とぬくもりで溢れている内容です。 あったかい気持ちになりたい方、各取り扱い店または、彼に直接の注文を。詳細→ http://www.kai-takashi.com/html/topics.php...

「いいね!」 いっぱい

フェイスブックでたくさんの「いいね!」とコメントをもらった最近の出来事。金曜日のソープ。所属セクションの「プロダクション」では全員で工場の半日大掃除。そして、午後からは「チーム・ビルディング」と題した親睦会。バーに移動してアルコール飲み放題&ビリヤード、ダーツ、ジェンガなどで遊び放題。全額会社持ちで終日分のお給料まで出るんだから、これぞ、北米社会の遊び心?! 楽しすぎて昼間から飲みすぎたぁ~!こう...

雪上キャンプ 第2弾

4/09・10いや~・・・・ 未体験の感動がいっぱいで、未だ興奮と余韻は冷めず。間違いなく、我が家のキャンプ史に残るすごい2日間でした。ロッキーは本当に奥深い。同じ場所をそれぞれの季節から堪能できる幸せ。条件がいくつも揃って上手にハマッたからこその嬉しい感覚。誰にどれくらい感謝していいのか分からないけど、とにかく、ありがとー!!初日はプラスの10℃まで気温が上がったようです。日本の人には暑さを感じない数字で...

雪上キャンプその② 速報

4・5月の雪上キャンプ第二弾は、無風&快晴のヒーリーパス。前回の反省を踏まえ、遅くまで陽が当たり、早くから陽が射し込む場所を選びました。真っ白に塗られた広大なメドウは、想像以上に美しい世界。ため息と歓喜の連続でした。気温は急上昇で、登りはたまらず半袖。雪崩を回避できる安全な斜面も見つけて、無難にスキー滑走も楽しみましたよ。強烈な陽射しとアルコールをたっぷり浴びた至極の2日間。アシニボインに下半身をさ...

今年も営巣中

グラッシーレイクの壁穴で、今年もアメリカワシミミズク(Great Horned Owl)が営巣したとの公示あり。子供が巣立つまでは、クライミングで人気のコースも閉鎖です。こういう考えとそれを遵守する気持ちが普通にあるところがスゴイ。だから、フクロウも安心してまた帰って来れるんだろうねぇ。啓子の仕事が終わるのを待って、このメンバーで確認に行ってみました。いたいた! 奥で抱卵中なのかな?少しアップで。 野生の生き物は...

麓は春の気配

テント泊で頭がいっぱいの啓子さんがお仕事の間に、気心知れた仲間とネイチャー散策。山はまだまだ真冬ですが、麓は少しずつ春の気配。生き物たちが活動的になるお膳立てが整ってきています。いつものように、笑いいっぱいで賑やかな1日。大切にしたい時間だなぁ・・・・詳細はいつものように、明子さんのブログから→                http://kotubunohanashi.blogspot.ca/2012/04/easter.html         冬...