2011年05月の記事

山旅人 いつものメニュー編  

5/28~31  ウォータートンの黒澤メニューが豪華すぎたけど、田中家から提供の食事もまごころいっぱい!カナダ到着から4日目にして、ようやく青空の下での夕食。  この快感をずーっと待ってました。 滞在ホテルの中庭にて。シンプルかつ豪快!が我が家のモットー。ジューシーなスモーキーと顔ほどでっかいアルバータ牛。たんと召し上がれ~!この日は涼しかったので、ホテルの特別ルームをお借りして、室内で快適に。  サーモ...

山旅人 後編  

5/28~31 ウォータートンからの移動をこなし、後半はいつものキャンモアで3泊。本拠地に帰ってた!って感じ。そして、そして、前半の雨雲を蹴散らし、今度は青空の大集合!青空って人を元気にさせるんだね!   いつにも増して、いい笑顔ぉ!    みんなで何を見てるの? 撮ってるの??               この子でした!          翌日も快晴! 湖はまだまだ凍ってるけど、こんな途中過程も魅力的...

山旅人 豪華メニュー編 

山旅人の新企画、ウォータートン滞在中の目玉は、お花以外にも盛り沢山! カルガリーでカフェを経営するプロ料理人・黒澤と、彼が所有するキャンピングカーを独占して、豪華な食事のオンパレードです。すべてのメニューを一挙公開!5/25 夕食前菜: シュリンプカクテル、 生ハム、 ブロッコリーサラダ         メイン: アルバータ牛のビーフシチュー&ガーリックブレッド   デザート: ブラウニー、 アイスク...

山旅人 前編  

5/25・26・27  兵庫県にある、山専門の旅行会社 「山旅人(やまたびと)」 すでに7年目のお付き合い。こだわりと上質のサービス、そして、遊び心満載。 業界の常識を覆す旅行会社です。2011年のツアーは、新企画のウォータートンを組み込んだ、花散策ツアー。 7名様にご参加いただきました。ありがとー!が、3泊すべてが、雨・雪・暴風雨。 田中のガイド史上、文句なしのワースト。4日もあって、オール苦しい天気。 山旅人スタ...

ウォータートンへ下見 

5/22・23・24   5/25から始まる山旅人のツアーのため、ウォータートンへ駆け足の下見。かつては、早い開花を求めて毎年のように足を運んでいたけど、すっかりご無沙汰。 啓子とふたりでの再訪は6年振りですぅ。シカたちが当たり前のようにウロウロしているのも、お馴染みの光景。 この冬は雪が多いと聞いてはいたけど、想像以上の残雪! びっくりした~。だって、町中や麓にも雪がまだまだ残ってるし、ハイキングコースにいたっ...

おまけの下見 

ツアー用の資料作成や下見が早めに終了したので、夕方からのウォータートン行きを前に、少し息抜き。ツアー本番では間違いなく登ることになるであろう、ヤムナスカへおまけの下見。連日のお天気で、すっかり新緑が増えましたね。  カナディアンロッキーに春の訪れを、しみじみと実感・・・・お花たちも少しずつ登場してます。Rough-fruited Fairybell(ユリ科)                        Bearberry(ツツ...

ツアーの下見準備 

5/20・21   来週の5/25より始まるツアーの下見にあちこちへ。今冬にたっぷり積もった雪で、雪解けや開花が遅れてます。 あちこちから情報は取り寄せたけど、やっぱり自分の目で確かめないとね! 2日間であちこち出掛けてきました。やっぱり人の噂を鵜呑みにしてはいけない。聞くと見るとでは大違いでしたよ。【エメラルドレイク】 湖畔のトレイルは残雪の多い・少ないが極端! 状況次第では行ってみるのもチャレンジでおもし...

キャンモア自然探訪  

来週から始まるツアー&下見の前に息抜き。自宅でのお仕事は午後からにして、早朝にのんびりキャンモアを散策してきました。快晴の青空、岩肌の残雪、ボー川の澄んだ流れ、新緑が少しずつ目立ってきた落葉樹、緑が色濃く鮮やかになった針葉樹、ビーバーのフレッシュな齧り跡、じわじわ増えてきた春のお花たち などなど。 久し振りの単独行動で、春の風と遊んできました。そして、大好きな鳥見。 バードウォッチングのツアーがも...

フクロウ、吠えてます!  

『花鳥風月』 での感動を啓子にも届けたく、夕方からバンフへ。Barred Owl (アメリカフクロウ)の特徴的な鳴き声を動画にアップ。フクロウらしからぬ?かん高い声。 ボリューム上げて聞いてくだされ。 低音で唸るっていうイメージが一掃されてしまいました。  鳴くときに、首が膨らむ様子もスゴイ!...

『花鳥風月』 フィナーレ  

5/16・17  『花鳥風月』の最終日。 皆さんの滞在中、はじめて風の弱い、穏やかな1日でした。バンフの静かな森を気ままに歩きながら、昨日の余韻と静寂を味わいます。  だって今日の目的は、午後からのお買い物(笑)Yellow-rumped Warbler(キヅタアメリカムシクイ)  喉が黄色いので、 “ Audubun's Warbler” のほうですね。   日本では、2010年の冬に鎌倉に突如現れ大騒ぎとなった、かなりの珍鳥。  連日、100人以上の...