2007年08月の記事

スポンサーサイト

8/29 ふたりのKeikoと

お気楽ハイクの競演!『グラッシーレイク』と「トンネルマウンテン』へ。仕事がお休みの啓子と桂古(けいこ)、ふたりのケイコと一緒に近場満喫ハイキングです。太陽光を浴びたグラッシー、何度訪れても驚きとため息・・・桂古はグラッシー初体験で大感激。念願かなってヨカッタなぁ!久し振りのトンネルマウンテン。桂古はこちらもお初!往復3km未満、標高差200m程度でも立派な頂上。1939年にはエリザベス女王とジョージ4世も訪れ...

8/28 レイクルイーズ

いつもは絶対に寄ることのない時間にレイクルイーズへ。ヘンな表現ですが、とっても景観が澄んでいて斬新な感動!この場所がこんなクリアに見えることって稀・・・この時間ではいつものこと? それとも偶然が重なっただけ??他の時期だったらどうなの??とにかく驚きと??だらけ。長く住んでると、レイクルイーズでこんなに感動することも稀・・・なんだかロッキーの底力を見せつけられたような気分。だからロッキーはやめられ...

8/22 早坂夫妻・・・ 

1日おいて再び早坂夫妻!「N-1 グラッシーレイクとバンフ周辺観光」http://www.ilovewintergreen.com/N-1.htmlお天気は最高! 今日のグラッシーはかなり期待できそーッス!!まずは「キャンモアの丘」そして、予想以上に神秘的なグラッシー!!初めて嫁が笑った!?  いや・・・ ムリヤリ笑わせました。(かなり時間かかった・・・)お泊りのバンフスプリングスホテルをバックに。ここでも笑ってくれたぁ!ランチに寄ったツー...

8/20 早坂夫妻・・・ 

少し遅めのハネムーンは、仙台より早坂夫妻。N-8 エメラルドレイクとモレーンレイク&タカカウ滝にご参加です。http://www.ilovewintergreen.com/N-1.html嫁さんに会った瞬間、なぜか不思議な感覚が・・・控え目で誠実&いつも笑顔のご主人に対し嫁は、『無表情 無言 無感動表現】 の3無・・・。リピーターのHARUさん&TERUさんを遥かに上回る大物?? 完全にロッキーの空気と化してます。がしかし、内面いっぱいにロッキー...

8/17 H母娘

2日間のお付き合い。H母娘と『H-1 レイクルイーズとモレーンレイク』お花好きのお母さんのために、娘さんがいろいろとネットで検索。何度も何度もメールや電話でやりとりし、今日と明後日で展望&花ハイクです。展望主体の初日はレイクルイーズからリトルビーハイブへ。気温も26℃まで上がり、絶好のコンディション!お花はすっかり寂しい時期ですが、変化に富んだ展望はお勧めです。まずは絶景のモレーンレイクへ。今日も条件が...

8/15 今日の JUMP!

ヨースケ:ブログ登場を目標に、密かに構想を練ってたらしい。それにしても、たっかいなぁ・・・ お見事!本ちゃん:万を持して登場! が、おっさんジャンプ。気持ちだけは伝わるが・・・舞:身体動かすのだーいすき! 楽しそう!!舞&田中:田中:まだまだ続きまーす!この日、偶然会ったアキコからの画像が届いたらアップ。アキコ、よろしく~!↑↑人気ランキング参加 応援クリックお願いします! http://www.ilovewintergr...

8/15 プライベートハイク#2

湖から40分でヘレンリッジに到達。本ちゃんのブログ真似して「登頂~!」ドロマイトピークは別角度になり、かなり変貌。ヨースケはなぜか逆立ち??その後は恒例のジャンプで遊んだり、(ジャンプ集はこの後すぐ!) またったりとティータイムで過ごしたりで贅沢な時間。ちょっぴり別ルートにも寄り道。ヘレンレイクは遥か下・・・名残惜しく景色を楽しみながらの帰路。やっぱ素晴らしいコースだなぁ~・・・・スタートから7時間...

8/15 プライベートハイク#1

個人的にだ~い好きな『ヘレンレイク』へ。快晴の中、本ちゃん&ヨースケ&舞が同行してくれました。どんどん変わる景観は、何度歩いても新鮮なカンドーの連続!広い広いメドウが広がる北斜面は、これぞロッキーの核心部。前半の登りはちょっときついけど、がんばったご褒美はた~くさん!そして、今日はさらに上部の「ヘレンリッジ」まで行ってみよ~っと!くっきり、すっきり! 朝のボーレイクを別角度から眺め、いざ出発。スタ...

8/13 寡黙ながらも #2 

2日目ふたりのリクエストで、思い出の『ヨーホーレイク』へハイキング。前回は別会社のツアーにて、エメラルドレイクからアプローチ。 が、現在のふたりには過酷な勾配。ならば、楽チンなタカカウ滝から訪れてみましょう!スタートから2.5時間で思い出のヨーホーレイクに到着!少しは感激を期待してみるも、逆にふたりの表情は曇ってる・・・「前回より湖面が広がった・・・??」 「もっと浅かった・・・」 「湖畔で寝転がった...

8/12 寡黙ながらも #1 

4度目のロッキー、HARUさん&TERUさん。'04年、'06年に続き、田中とは3度目のお付き合い。今年も帰ってきてくれました、お帰りなさ~い!【ふたりの特徴】:・口数少ない ・声が小さい ・ほとんど笑わない・過去の記憶が乏しい ・感激&感動表現がかなり薄いある意味でガイド泣かせでもありますが、その実体は、カナディアンロッキーを一途に愛する純粋なロッキーファン。分かりやすい感動だけが表現方法ではないのです。【さら...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。