2006年04月の記事

スポンサーサイト

4/30 生き物紀行 with 華子

本日より我が家で合宿(?)の華子。よくぞ来てくれた!どんな楽しい毎日になるのかワクワクです。高橋夫妻とのグッラシーレイクに同行後、ミネワンカ&ツージャック方面へ。華子は「ハシグロアビ」と初対面。運良く目の前まで近づいてくれました。兄貴だってこんな近くでは見てないでしょ。美しい夏羽で華子を歓迎してくれたのかな?http://www.ilovewintergreen.com...

4/30 高橋夫妻

予報が当たり前日夜から雪。しんしんと降り積もる中、高橋夫妻とグラッシーレイクへ。こんな状況だって楽しいことだらけ。マイナス要素を感動へと引き寄せる、おふたりのステキな感性と笑顔に心から拍手!雪がこんなにきれい! どんどん積もるぅ! あっ、リス!!歓喜の雄叫び連発でとっても元気なふたり。地元の僕らが忘れかけた感動を取り戻してくれます。裸樹に積もった雪とグラッシーレイクの組み合わせ。なんとも言えない美...

4/29 あちこち散策

某ローカルガイド会社の皆さんとの交流散策。新企画のオプショナルツアーを扱っていただくということで、その現場チェックも兼ねてます。朝早い集合にもかかわらず、元気いっぱい・驚愕・興奮の連続。そんな皆さんの笑顔から新たな元気をもらいました。有難う!高倍率の望遠鏡は大活躍。生き物たちの細部まで確認できて皆さん興奮気味です。唄っている小鳥の表情なども見てもらえました。午後はひとりでグラッシーレイクへ。あいか...

4/27 ビーバーも春を満喫

バンフのボー川ではビーバーが元気です。いろんな表情で大サービス。昨年もこんなにアクティブでしたかな? 気付かなかっただけ??川面に映るカスケード山も美しい! やっぱり早朝はいいなぁ。http://www.ilovewintergreen.com...

4/23 冬なの? 春なの? 

おとといの夜から予報どおりの雪。翌朝までしっかり降り続きました。久し振りに大雪って感じです。気分は再びスノーシュー(笑)うって変わって昨日と今日は快晴。日差しもきっつーい!スリーシスターズも白トビしちゃってます・・・07:00の気温 -8℃ 車の窓ガラスは凍ってる。しっかり着込んで出かけましょ。小鳥たちは、朝陽を浴びて唄う。寒くても「なわばり確保」に懸命。「ミサゴ」はいまだに♀への着陸を繰り返す・・・リス...

4/21 ちょこっと散策

山積みの事務作業を終わらすはずの2日間。「明日は確実に雪!」との予報に、ちょこっと抜け出し息抜きです。今日も「エボシクマゲラ」と「ミサゴ」は活動的。ボー川には「キタホオジロガモ」のペアが居ました。 嬉しい!!今年お初のマスクラット。ビーバーによく似たネズミ科の哺乳類です。日本でもかつて毛皮のために移入したものが帰化し、東京や千葉県の都市公園などでも少数が確認されているようです。樹を齧ってダムを造る...

4/18 スノーシュー

キャンモアやバンフの「春うらら」とは一転、北へ向かえばまだ冬景色。晴天に誘われて、ボーサミットでスノーシューを楽しんできました。クロウフット氷河ペイトレイクボーレイク2日間の降雪が幸いし、ふわふわ感を満喫。誰もいない森、青空、ポカポカ陽気、そして雪化粧のロッキー。条件の揃ったハッピーな1日でした。冬と春を同時に楽しめる、4月はとってもお得です。スノーシュー初体験の華子。最初は不安も、こんなにカンタン...

4/16 カルガリー探鳥

早朝からカルガリーのネイチャープログラムに参加。鳥見ではかなり有名な場所ですが、相性が悪くて印象は上昇しません。詳しい人について魅力発見となるはずが、またもや惨敗・・・ やはり坂本夫妻や鵜澤さんをお連れできません。 今日も強い風が原因か?樹上にカナダガン! 珍しい光景です。煮え切らないので、再びバードサンクチャリーへ。「Wood Duck (アメリカオシ)」と今年初対面。2日前は華子に見せてあげられなかった...

4/15 開花いちばん!

咲きました! カナディアンロッキーに春を告げる花、「Prairie Crocus」  ボーバレー州立公園でお目見えです。昨年の今頃はたくさん咲いてしまってましたが、今年はようやく登場でひと安心。もしやと思い、「キャンモアの丘」へも行ってみました。通常はここのほうが早いはずが、まだまだ「つぼみ」ばかり。4月に入ってからの悪天候が影響しているようです。今日も薄曇りのボーバレー州立公園に比べ、キャンモアは朝から雪。午...

4/15 またまた巣を発見!

今日は「Red-tailed Hawk(アカオノスリ)」の巣を発見です! またもやポプラの樹上に鳥の巣が。先月までならカササギと決めつけていましたが、昨日の本ちゃんの言葉を思い出しました。「カササギの巣はま~るい」そう、ふつう鳥の巣って器みたいな形で、上から出入りします。ところが、カササギのは丸みを帯びていて、あちこちにある穴(すきま)を出入り口に使っています。本ちゃんの意見が正しければ、この巣もカササギではな...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。