2006年03月の記事

スポンサーサイト

ひとりごと

ツアー企画が商品になるまでの道は険しい・・・その会社の方向性に合うことよりも、まずは担当者に気に入ってもらえないと始まらない。担当者が変わった途端に採用になったりすると、なんなんだ~?? と叫んでしまう。結局はその人間が興味を持つか否かなのか?? 運良く担当者が気に入っても、その上司がゴーサインを出してくれずにボツになることもある。○月向けの内容で提出したのに、他国のツアーとの絡みがあるからと、別...

3/27 コロンビアバレーB.C.

仕事でB.C.州のコロンビアバレーに来ました。待ち時間がたくさんあるので有意義に鳥見です。この「Columbia Wetlands」は、カナダでいちばん新しい(37番目の)ラムサール条約登録湿地。昨年6月にその仲間入りを果たしました。ラムサール条約→ http://www.kiwc.net/d/ramusa.html毎年5月には、「Wings Over the Rockies」というバードウォッチングの大イベントが行われる、鳥見の天国みたいな場所なのです。(今年こそ念願のイベ...

3/26 カルガリー探鳥 

先週に引き続き、カルガリーのネイチャープログラムに。今日の目的はMountain Bluebird(ムジルリツグミ)とワシタカ類。ブルーバードについては、去年、すでに鑑賞確立の高い場所を見つけましたが、更なる新天地発掘に期待しての参加です。また、ワシタカ類は独学での識別が難しく、詳しい人たちについて勉強してみたかったのです。集合時間の前に周辺の鳥見をしようと、早めにキャンモアを出発。途中、なにやら気になる巣を発見...

3/26 速報!

Great Horned Owl(アメリカワシミミズク)の巣を見つけてしまいました! じーっとしていたので、おそらくメスの抱卵中だと思います。近づきすぎると、卵やヒナを置き去りにして行方をくらますとの話を聞いたことがあります。そんなことになっては大変なので、離れて観察。それにしてもこの保護色。さすがだなぁ・・・・これから仕事なのでとりあえずの速報です。詳細は、明日以降の時間のあるときに。 いつもコメントしてくれる...

3/25 今日の風景

仕事の合間にバーミリオンレイクへ寄ってみました。ほんの一部が解氷し、カナダガンが集っています(昨年とほぼ同時期)ハクトウワシはすでに3月上旬頃から登場。何度かトライしてますが、今日も遠すぎて写真を撮れず・・・最高気温5.8℃ 最低気温-3.8℃日の出06:32 日没19:04  来週からいよいよサマータイムです!!http://www.ilovewintergreen.com...

3/24 キャンモア探鳥

ぶらぶら歩いてきました。曇りですが暖かくて気持ちよい!カルガリーに負けず鳥が増えてきました。コマツグミ登場! ウタスズメもすでにいました!メキシコカワガラスは見つけられず・・・ マガモ カササギ ハービーハイツではユキヒメドリ!! きれいなさえずりでした。ギンザンマシコ カナダコガラ マミジロコガラそうそう、忘れてましたよ重大ニュース!イヌワシの渡りは2月中旬頃から確認され、この2週間くらいがピーク...

3/23 カルガリー探鳥

会社の会計士さんとのアポ&個人の源泉徴収がありカルガリーへ。どちらも手短に終わらせ、本当の目的? 市内のバードサンクチャリーへ。いや~、さすがに鳥が増えました。春はすぐそこです!Bohemian Waxwing(キレンジャク) なぜか太ってる??California Gull(カリフォルニアカモメ)すごい群れでした・・・カナダガン舞うNorthern Flicker(ハシボソキツツキ)カササギが枝を運んで巣を補修中 (肝心の巣は写ってない・・...

3/22 師匠より

師匠から画像が届きました。Snowy Owl(シロフクロウ)が獲物を捉えようとする瞬間です・・・・ 雪上のネズミ?でしょうか。恐れ入りました。感服!http://www.ilovewintergreen.com...

3/19 師匠と呼ばせて下さい

先日のバードウォッチングにて、すんごい方とお近づきになれました。キャンモア在住の Darin Langhorst 氏です。まだまだ若い兄ちゃんですが、あえて氏、そして師と呼ばせてもらいます。現在のお仕事はエンジニアですが、もともとは Ducks Unlimited Canada (DUC) という、泣く子も黙る自然保護団体で活動していたネイチャースペシャリスト。Ducks Unlimited Canada (DUC)→カナダ国内の湿原や水域・湖沼などを保護し、そこに生息す...

3/19 小さなフクロウ

カルガリーの自然愛好会?が主催するバードウォッチングに参加してきました。狙うは昼行性の Northern Pygmy-Owl(Glaucidium gnoma)です。和名は「ロッキーズネズミフクロウ」などとへんてこりんですが、アルバータ州最少のフクロウで、以前から是非にも見たかった種類です。いろいろ情報を集めてはみたものの、細かな場所まではわからず、今日のイベントに参加してみることに。車で彼らが好む混交林を廻ります。混交林とは針葉...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。